家系図を自分で作る☆作成の手引き

自分で家系図を作ってみたい人向けの情報サイト。

*

くずし字について

戸籍がコンピュータ管理されたのは近年のことで、それまでは手書きの戸籍簿として存在したため、記録する人の筆跡がそのまま残ります。現在の文字がそのまま使われているのではなく、旧字や旧仮名使いも頻繁に出てきます。

特に読みにくいのが明治時代の戸籍で、毛筆のくずし字で書かれており、一見して読めることは極めてまれです。慣れてくると読めるようにもなりますが、初めのうちは毛筆辞典などを片手に、少しずつ読み解いていくことになるでしょう。

戸籍事務を行っている職員は、一般の人よりも毛筆の戸籍に触れることも多く、読み方を教えてもらえる可能性はあります。ただし、毛筆の戸籍をパソコンで入力し直してデータ化するようなことはしていないので、戸籍のスキャンデータを印刷したものしか手に入りません。

また、毛筆のくずし字が使われるのは、古文書や過去帳においても同じです。いずれ目にすることになるのなら、戸籍で十分に読み方を勉強しておくと、後で必ず役に立ちます。

 

 - 戸籍調査の詳細

スポンサーリンク

336

336

  関連記事

122682
戸籍の種類

一言で戸籍と言っても、その歴史上、多くの種類と形式の違いがあります。途中で手掛か …

122682
戸籍の取り方

まず注意したいのは、最近の個人情報の不正利用を防ぐ観点から、戸籍は本人、配偶者、 …

122682
戸籍用語集

戸籍には多くの聞きなれない用語の記載があり、単に戸籍を取得しても、書いてある言葉 …